妊娠中の出血

原因に関わらず医師に見せるように

妊娠中の出血の原因は、
その時期や程度によっても深刻なものやそうでない場合があります。

 

しかし自己判断は危険ですので
妊娠中の出血はどの時期であってもたとえ少しの量だとしても
ただちにかかりつけの産婦人科で受診しなければいけません。

 

正常な妊娠をしていて、初期に出血があればそれは流産の兆しです。

 

流産にも二通りあって胎児に以上はないが出血がおこる「切迫流産」と
胎児が死亡してしまい出血がおこる通常の「流産」とがあります。

 

状況にもよりますが切迫流産だと即入院の場合もありますが
自宅安静で済む場合もあります。

 

通常の流産だと入院して手術が必要になる場合があります。

 

また正常な妊娠と診断を受ける前の出血ですと
異常な妊娠のために出血している可能性もあります。

 

例えば子宮外妊娠ですが異常妊娠の中でも比較的多い例で
出血意外にも腹痛などの症状がありひどい場合には母体の命にかかわる事もあります。

 

いずれにせよ原因にかかわらず出血があれば受診する事が大切です。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中の出血の判断と原因関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。