妊娠の性別判断の時期

赤ちゃんの性別判断

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんが
男の子なのか女の子なのか気になるところですね。

 

生まれてからのお楽しみという方もいらっしゃいますが、
9割の方が妊娠中に性別を聞くそうです。

 

今のエコーはとても精密にできていますので、性別判断に間違いはないようですが、
稀に妊娠中に聞いていた性別と違ったという事もあるようです。

 

でも生まれてきた赤ちゃんの顔を見れば
どちらでもかわいいと思えるとみなさんおっしゃっています。

 

産婦人科ではエコー検査で男女の判断をするのですが、
6ヶ月頃の時期になると胎児は、外性器の形がほぼ完成しますので
それをエコーで見て判断する事になります。

 

胎児の姿勢によっては外性器を手で隠していたり、
後ろをむいていて判断できない場合もあります。

 

大陰唇に見えていたものが実は睾丸だったり、
男の子の性器が実はへその緒だったという例もありますので、

 

いずれにせよ妊娠中での男女の判断は100%ではない
という事を頭においておかないといけませんね。

 

また男女の性別判断はエコー検査を使います。

 

しかしエコー検査は本来胎児の発育状態を診断するためのものですし、
その判断が100%ではないという事から
産婦人科学会では男女の告知は避けていく方向にあるようです。

 

早く性別を知りたいという親御さんの気持ちはわかりますが、
確実でない報告をするのも医師としては、微妙な気持ちなのかもしれませんね。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠の性別判断の時期と確実性関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。