妊娠中の旅行

旅行の時期は5〜7ヶ月がベター

赤ちゃんが生まれるとしばらくは旅行に行けませんので、
妊娠中に旅行を楽しむのもいいでしょう。

 

しかしあくまで妊娠中という事を忘れずに、無理のない計画を立てる事が大切です。

 

そして旅行に出かける際には、必ずかかりつけの医師に
相談して許可をもらってからにしましょう。

 

 

母子手帳と健康保険証は必ず持っていくようにしましょう。
さらに、旅行先の救急病院などを調べておくと安心ですね。

 

 

身体が不安定な妊娠初期と後期は避けて、安定期の5〜7ヶ月頃が適しています。

 

しかしつわりやお腹の大きさには個人差がありますので、
自分の体調などもよく考慮しましょう。

 

温泉旅行などに関しては、
「妊婦は入らないで下さい」と記載されている場合もあります。

 

温泉の妊婦への影響というのは医学的根拠はありませんが、
目まいや貧血を起こしやすかったり、足元にも注意が必要です。

 

海外旅行も基本的にはOKですが、あまり飛行機に長時間乗るのも
負担になりますので、5、6時間までにしておきましょう。

 

また航空会社によって搭乗制限がありますので、
事前にチェックしておく必要があります。

 

車での旅行ですと、他人に気を使う必要もなくリラックスできますし、
休憩やトイレなども自分のペースで行えますので安心です。

 

しかし道が悪い場所などでは振動も激しくなりますので注意しましょう。

 

 

国内旅行の場合は、じゃらんが一番使いやすく、
5%オフなど割引もあるので満足度が高く、頻繁に使っています。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中の旅行で気を付けること関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。