妊娠中毒症

食事で予防する

妊娠中毒症は妊娠中に腎臓の機能が低下し尿にタンパクが漏れ出したり
高血圧やむくみなどの症状が表れる事です。

 

最近では妊娠中毒症とは言わずに妊娠高血圧症候群と呼ばれ、
むくみも定義からははずされています。

 

この妊娠高血圧症候群になると血液循環が悪くなり、赤ちゃんに充分な酸素や
栄養を運ぶ事ができなくなりますので、発育に大きな影響を与えたり、
早産や死産の可能性も高まり、重症になると母体にも危険が及びます。

 

そのために妊娠中はこの妊娠高血圧症候群を予防するために
食べすぎに注意して塩分を控える事が大切です。

 

食生活が大きくかかわってくるのですが
塩分は一日7gまでにしてたんぱく質を多くとりましょう。

 

そして乳製品や大豆を含んだ食品やささみなどを積極的に食べると良いでしょう。

 

元々高血圧や糖尿病や腎臓病などの病気を持っている人や
高齢出産、太りすぎの人は特に注意が必要です。

 

この妊娠高血圧症候群にかかってしまうと入院が必要な場合もありますので
きちんと規則正しい生活を心がけて予防に取り組みましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中毒症を食事で予防関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。