妊娠線クリームで消す

妊娠線を消す対策法

妊娠すると妊娠線というものができる場合があります。

 

妊娠してお腹が大きくなってくるとお腹の表皮は伸びる事ができるのですが、
真皮や皮下組織の一部は伸びにくくなっていますので
亀裂して赤紫色の線状斑ができるのです。

 

やがて皮膚が薄くなって月日がたてば古い切り傷のように
白っぽく目立たなくはなりますが完全に消える事はないので
きっちりと予防する事が大切です。

 

予防法ですがまずはバランスの良い食事を心がけて体重管理をしっかりと行う事です。

 

体重は妊娠前と比べて10キロ増以内におさえるようにしましょう。

 

太りすぎは妊娠線だけではなく妊娠高血圧症候群を引き起こす事もありますので
日頃から塩分を控え高タンパク低脂肪の食事をとるようにしましょう。

 

特につわりがおさまってきて食欲がでてくるとつわりの間に食べれなかった反動で
急激に体重が増える可能性がありますので注意が必要です。

 

また妊娠線を予防するクリームなどを利用するのもいいでしょう。

 

今では薬局などでたくさんの種類の予防クリームが販売されていますし、
通販などでも購入する事ができます。

 

またクリームを塗る事で妊娠中のカサつきやすい肌をしっとりとおさえる事ができますし、
香りのいいアロマ成分の入ったクリームでリラックス効果を得られるものなどもあります。

 

また妊娠線はお腹だけでなくむくんでパンパンに張った足にできる事もありますので、
足にも予防クリームを塗っておきましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠線を消すクリーム関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。