妊娠検査薬 いつから

妊娠検査薬が判定できる時期

市販の妊娠検査薬はいろいろなメーカーから発売されていて、
そのどれもが尿をかけて検査するというものです。

 

妊娠するとhcg(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌されるので、
そのホルモンが尿から検出されるかを検査するのです。

 

ほとんどの妊娠検査薬は500円から1000円で売られていて、
薬局などで簡単に購入できますので妊娠が疑わしい場合には、
まずこれで検査してみると良いでしょう。

 

判定が可能なのは生理予定日から1週間後となっていますので、
それ以前の検査では結果が信頼できるものではありませんので注意しましょう。

 

最近の妊娠検査薬は、とても性能にすぐれていて、
産婦人科の医師でも「信頼度は高い」とおっしゃっています。

 

メーカーは特に気にすることはありません。
ほとんど大差ないからです。

 

しかし陽性反応が出た場合でも、子宮外妊娠などの異常妊娠の判定までは
できませんので、すぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

 

また陰性の場合でも、なかなか生理がこない場合などは妊娠の可能性もあるので、
もう一度あらためて検査してみるか、産婦人科を受診しましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠検査薬 いつから判定できるのか関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。