妊娠中の便秘

妊娠中の便秘の原因と予防法

便秘は女性の二人の内一人が悩まされていると言われていて、
特に10代〜20代の若い女性や月経前などに便秘になりやすいようです。

 

そして妊娠するとますます便秘がひどくなるのですが
それは妊娠すると大量に分泌される
プロゲステロンという黄体ホルモンが原因とされています。

 

またお腹がおおきくなるにつれて子宮が胃や腸を圧迫しますので
消化器官の機能が低下しますし、妊娠に伴うストレスや運動不足も関係しています。

 

改善するためにはまずは水分を多く摂取する事が大切です。

 

朝起きた時にコップ一杯の水を飲む習慣を心がけましょう。
また食生活も見直しましょう。

 

繊維質の多い野菜や果物を意識して取るようにし
豆類や海草、芋類などをバランスよく食べましょう。

 

そして適度に体を動かす事も大切です。

 

しかしあまり食生活を気にしすぎて逆にそれがストレスになれば
悪循環になりますし無理な運動も妊娠中は危険です。

 

かかりつけの産婦人科に相談してみるのもいいでしょう。

 

胎児に影響のない下剤や便をやわらかくする薬をだしてくれる場合もあります。
くれぐれも市販の下剤は服用しないようにしましょう。

 

刺激が強すぎて流産を引き起こす可能性があります

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

妊娠中の便秘を解消するには関連エントリー

妊娠検査薬 いつから判定できるのか
妊娠を調べる妊娠検査薬ですが、いつから判定できるのか、使用方法や注意点を解説しています。
妊娠中の旅行で気を付けること
妊娠中に旅行へ行くには注意点がたくさんあります。そうした点を重点的にまとめました。
妊娠中毒症を食事で予防
妊娠中毒症を食事を改善することで予防しましょう。妊娠中毒症予防の食生活の改善方法も紹介してます。
妊娠中の便秘を解消するには
妊娠中の便秘に悩む方へ、解消方法をご紹介しています。
最近の妊娠の産み分けの状況
妊娠する際に産み分けという技術があります。男の子や女の子と選びたいという親のためのものです。最近の技術精度についても解説します。
妊娠の性別判断の時期と確実性
妊娠をすると性別判断が聞きたいものですが、判断できる時期や確実性について紹介しています。
妊娠線を消すクリーム
妊娠線を消すためのクリームを使うなど、対策する方法について説明しています。
妊娠中の出血の判断と原因
妊娠中に出血をすると、いろんな原因が考えられます。様々な原因を紹介していますが、医師に診断してもらうようにしてください。
子宮外妊娠の症状と原因を知る
子宮外妊娠の症状や原因を知ることで早めの兆候を知ることができます。万が一のためにも知っておいて損はありません。