妊娠8ヶ月目の様子と注意

妊娠8ヶ月目の赤ちゃんの状態

妊娠8ヶ月目に入ると赤ちゃんもかなり大きくなり、
胎動もはっきりとわかるようになります。

 

赤ちゃんの大きさは40cmから44cmにもなり、
体重も1500グラム程度に成長しています。

 

臓器もほぼ完成し、
外での音を聞いて反応したりしますので、どんどん話かけてあげましょう。

 

そして頭もとても重たくなっていますので、今まで逆子であったとしても、
この頃には頭が下になる場合が多いでしょう。

 

まだ逆子が治ってない方は、かかりつけの産婦人科などから、
逆子体操をすすめられると思いますので、積極的に行いましょう。

 

お母さんの注意点

お母さんはお腹がますます大きくなり、足元が見えにくくなります。

 

階段を降りる際や、転倒などには充分気をつけましょう。
そして臓器などがさらに圧迫されてきますので、動機息切れもひどくなります。

 

大きなお腹を支えているために
足腰にも負担がかかり腰痛が頻発する方もいるでしょう。

 

家族などにマッサージをしてもらうなど協力してもらいましょう。

 

定期健診も2週間に1度のペースになり、赤ちゃん誕生まで後少しです。

 

早産などの可能性もありますので、入院準備は済ませておきましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加