妊娠中の薬

飲んではいけない薬

妊娠中には薬の服用にはとても慎重にならなくてはなりません。

 

妊娠中に薬の服用は必ずしもいけない訳ではありませんが、
産婦人科で処方されたもの意外は特に気をつけて、できるだけ服用を避けましょう。

 

どうしても必要な場合は必ず産婦人科の医師に相談してからにしましょう。

 

また妊娠に気付くまえの薬の服用も、薬の種類や時期によっては、
胎児に影響を与える場合もありますので、懐妊の可能性がある方や、
出産を望んでいる方は、なるべく服用をさけましょう。

 

妊娠3週までは薬による影響はほとんどないと言われています。
しかし残留性のあるものは注意が必要です。

 

妊娠4週から7週までは一番危険な時期とされています。

 

胎児の重要な器官が発達する時期なので、
自己判断で薬を飲むのは絶対にやめましょう。

 

16週以降になるとあまり薬の影響を受けなくなります。
しかし100%ではありませんので、必ず医師に相談する必要があります。

 

また漢方薬やサプリメントなども、妊娠中に飲んではいけない成分が
含まれているものもありますので、注意しましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加