妊娠と喫煙の影響

喫煙しなくても注意する

妊娠中の喫煙は赤ちゃんにどのような影響を与えるのでしょうか。

 

昔から喫煙は「百害あって一利なし」と言われているように、
4000種類もの科学物質が含まれていますので、
妊娠中でなくても健康に大きな害を与えます。

 

そんなものが胎児にとって良いわけがありませんね。

 

たばこに含まれている化学物質の中でも、
特にニコチン、タール、一酸化炭素が有害と言われていて、
たばこを吸い込むたびに血管が収縮されます。

 

その際胎児は酸欠状態になり、首を絞められているような苦しさを味わうそうです。

 

周りの人の喫煙によって煙を吸いこんだ場合でも同じなので、
家族の方には理解を得て協力してもらいましょう。

 

赤ちゃんに与える影響や障害

また喫煙により低出生体重児や早産、流産がおこりやすくなります。

 

乳幼児突然死症候群に関しても、喫煙は大きな影響を与え、
父母ともに喫煙しない場合よりも約4.7倍もリスクが高まると言われています。

 

出産後の喫煙も母乳を通して、赤ちゃんが
ニコチン中毒になる場合もありますので、しばらくは喫煙はしないでおきましょう。

 

大切な家族を守るためです。

 

しっかり禁煙して健康な赤ちゃんを産みましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加