妊娠中の食事の栄養

妊娠中の食事の影響

妊娠中,食事,栄養

お腹の中の赤ちゃんが育つための栄養素は
すべてお母さんから吸収されています。

 

お母さんの毎日の食事が赤ちゃんの発育や、
出産時にも影響を及ぼします。

 

1日3食きちんと食べ、偏りのない栄養を取る事が大切です。そしてカルシウムや鉄分を意識してとるように心がけましょう。

 

 

特に妊娠中は血液循環が増えるために、貧血になりやすいので注意が必要です。

 

貧血になると出血しやすくなるので、赤ちゃんを産む時に大量の出血をおこしたり、
産後の回復がおくれたりする事もあり得ます。


食事の栄養の摂り方

ほうれん草や小松菜など緑の濃い野菜や、納豆、レバーなどは
鉄分が多く含まれていますのでおすすめです。

 

それから塩分を控える事も大切です。

 

しかし、塩分をとりすぎると体がむくみ尿淡白や妊娠高血圧症候群にもつながります。
なるべく薄味にし、減塩しょうゆなどを使うようにしましょう。

 

野菜に含まれる葉酸も妊婦にはかかせない栄養素です。
そのほかにも海草や小魚、大豆や玄米などがおすすめです。

 

特に、体を構成する栄養が豊富に含まれている野菜には注意を払いましょう。

 

減農薬や無農薬といった有機野菜はなかなか手に入りにくいですが
自宅まで宅配してくれるサービスも登場しています。

 

おためしセットもあるので試しに利用してみるのもいいですね。

 

 

こういった栄養をたくさんとる事はもちろん大切ですし、
リラックスして家族と楽しい食事の時間を設けるというのも
一つの栄養素かもしれませんね。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加