赤ちゃんの成長が著しい妊娠6ヶ月目

妊娠6ヶ月目の状態

妊娠6ヶ月目に入ると、外見から見ても、お腹がだいぶ前にせりでてきます。

 

子宮の大きさも大人の頭くらいにまで大きくなっていて、
背骨のほうの血管などを、圧迫するようになります。

 

なので、血圧が高くなる可能性もありますので、お腹をしめつけるウエストの
きついものなどは避けて、なるべくマタニティウェアを着るようにしましょう。

 

乳房もかなり張ってきて、乳首をつまむと、黄色い乳汁が出る事もあります。

 

乳首のお手入れやマッサージなどの指導を産婦人科で受けれますので、
一度相談してみるのもいいですね。

 

赤ちゃんが生まれたら、なるべく母乳で育てたいものです。
そのための準備を今からしておきましょう。

 

この時期の赤ちゃん

この時期の赤ちゃんの発達は目まぐるしく、骨格や筋肉がしっかりしてきて、
とても活発に動くようになります。

 

手足を曲げたり伸ばしたり、首を曲げたり、グルッと回転したりしています。
ですので、ほとんどのお母さんが胎動を感じられるようになるでしょう。

 

大きさは28p〜34pほどになり、体重は660g前後にまでなります。

 

超音波検査ではもう全身が画面にうつらなくなるほど大きくなってきます。
そして早ければ、男の子か女の子かわかる場合もあるでしょう。

 

お母さんのストレスは赤ちゃんにも負担になります。

 

体もつかれやすく、精神的にも不安になったりもするでしょうけど、
なるべく落ち着いた環境でリラックスして過ごす事が大切です。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加