安定期に入る妊娠5ヶ月目

妊娠5ヶ月目のお参り

日本では、妊娠5ヶ月目の戌の日に腹帯を巻いて
安産祈願をするというならわしがあります。

 

犬はお産が軽いと言われていますので、戌の日に腹帯を巻き、
神社にお参りに行くと良いとされています。

 

そして、腹帯は大きなお腹を支えて腰痛を防いでくれたり、
冷え防止の効果もありますので、まだ持っていない人は早めに準備しておきましょう。

 

最近では簡単につけれるサポータータイプのものが人気のようです。

 

それから、早い人なら胎動を感じる事もあります。

 

赤ちゃんはお腹の中で、活発に動いています。
ですが、胎動を感じないからといって、赤ちゃんに元気がないわけではありません。

 

比較的、経産婦のほうが早くに胎動を感じやすいようです。

 

個人差がありますので、この時期はまだ胎動を感じないからと言って
心配する必要はありません。

 

超音波検査でも、タイミングが合えば、
赤ちゃんが動いている姿を見られる場合もあります。

 

でんぐり返しをするような動きも盛んにしていますので、
逆子であってもまだ心配はいりません。

 

この時期のお腹の中

赤ちゃんの大きさは、約25p前後、体重は250g前後にまでなります。

 

そして、お母さんの子宮は大人の頭くらいの大きさになりますので、
外見からでもお腹の大きさが目立ってきます。

 

今までの洋服ですと、お腹を締め付けたりして、苦しくなりますので、
そろそろマタニティウェアを準備しましょう。

 

この時期につわりが完全におさまる人も多く、食欲がでてきます。

 

脂っこいものや、甘いものはなるべく控えて、
野菜を中心にしたバランスのよい食事を取るようにしましょう。

 

比較的母子ともに安全な時期に入りますが、
体はさらに疲れやすくなっていますので、無理をしない事が大切です。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加